株のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

今更聞けない!株式投資の基本知識と仕組みやメリット

 

株式投資

 

目次

 

  • 1:株式投資とは
  • 2:上場させるということ
  • 3:仕組みとポイント
  • 4:株を持つことの3つのメリット
  • 5:持つことで得られる3つの権利
  • 6:株式と会社の利益の仕組み
  • 7:株に向いている人の2つの特徴
  • 8:株式投資の考え方
  •  

     

     

    株式投資とは

    起業家が会社を興して事業を始めるとき、必要な資金を調達する手段として、発行する株に株主として出資することをいいます。出資して株主となった投資家は、会社が利益を上がて、資産が増えていけば、それにつれて株価が上昇し、出資したときよりも高くなって儲けが出ます。株主としては、その株価が上がった時にその株を売れば、差額(キャピタルゲイン)が捻出され、それで利益を上げることが出来ます。

     

    銀行から借り入れをして資金調達する場合は、期限と利息がありますが株式投資として受けた出資金は、基本的に返す必要がありません。儲けたら配当金という形でその株主に利益を分配します。

     

    (メモ)

    配当は、会社の儲けの一部を受け取る権利である。

     

     

    株を上場させるということ

    株式を証券取引所(東証、JASDAQ等)で上場させるということは、そこで株式の売買が出来るようになるということです。そうなると当然、全国の投資家たちが、まるでデパートに並んだ商品を見てショッピングするイメージで、自分の会社の株を買ってくれることになります。するとそのお金は資金として会社に入ってきます。会社は、その集まった金を使ってビジネスを発展させ、利益を上げます。その利益は投資家たちに配当として支払われます。

     

    しかし、もしビジネスが上手くいかなければお金は消えてしまいます。従って、ろくでもない会社の株式を売買しないようにと、証券取引所も厳しい審査をします。その審査に合格しなければ上場できません。ということは、上場されている会社はある程度そうしたフィルターを通った価値のある会社ということになります。

     

    企業は上場させられるだけの価値のある会社作りを目指すことで、一つの指針ともなるし、お金を集めてその資金を運用して更なるビジネスの好循環を作り出すことが出来ます。株式と上場と投資家。この辺りの仕組みを理解することで、好循環が何であるかということを学ぶことが出来ます。

     

     

    株の仕組みとポイント

  • 本来は、企業の株を買い、その会社の売り上げや発展に応じて、配当をもらうというもの。しかし、株式投資の世界では、株を買って、値上がりしたらそれを売ってお金にする、というやり方が常識として浸透している。
  •  

  • 買いたい人が多いと株価は上がる
  • 買いたい人が少ないと株価は下がる
  •  

  • 従って、株価が上昇している株は人気絶好調ということだが、その『大衆の動き』に乗っかってばかりいる(右に倣え的な)人は、常に勝ち続ける人の突発的な動きについていけず、損することになる。
  •  

     

    株を持つことの3つのメリット

  • 1)キャピタルゲイン
  • 株価が上がったとき、それを売却したら、買った時との差益を得られる。

     

  • 2)インカムゲイン
  • 現金で貰える配当金。会社が稼いだ利益の中から年に1~2回株主に配られる。保有する株式数に応じて分配金は変わる

     

  • 3)株主優待
  • 食事券や優待券。その企業が提供するサービスがあれば、それを受けられる。

     

     

    株を持つことで得られる3つの権利

  • 1)利益配当請求権
  • 株を所有する企業が大きな利益を出した場合、配当金として分配するよう請求できます。ただし、企業は必ずしも配当金を出す必要があるわけではないため、正式な決定は株主総会で行われます。

     

  • 2)残余財産分配請求権
  • 起業が解散し、負債を返済してもなお財産が残るとき、その持ち株数に応じて分配を受け取れます。もし、負債の方が大きい場合、分配はありません。

     

  • 3)株式売買請求権
  • 株主総会で、合併や事業譲渡など、その会社の利益に多大な影響を持つ重大な決議が成立した場合、もし自分が反対なら会社に株を買い取ることを請求できます。

     

     

    株式と会社の利益の仕組み

  • 1)売り上げ-経費=利益
  • 2)利益-法人税=最終的な利益
  • 3)最終的な利益(株主への配当+内部留保+役員賞与)
  • ※内部留保を下げ、株主への配当を上げてもいいのですがが、それだとその後の企業の展開が不利になります。

     

     

    株に向いている人の2つの特徴

  • 1)周りに流されない(自分を持っている)人
  • 『大衆は常に天井を買い、底値を売る』という意味を考える

     

  • 2)自分の欲望に打ち克てる(執着心を支配できる)人
  • ・絶対的な原則である『損切り』が出来るかどうか
    ・厳重な資金管理、及び時間管理ができるか

     

    失敗するのは、『株に向いていないから』ではありません。『経験が浅いだけ』です。また、株で勝つコツとして忘れてはいけないのは、『常に大衆とは逆の動きをする』ということ。周りに流されているような人は向いていないということですね。


     

    株式投資の考え方

    私は株について無知だった頃、株をやる人間もその行為に対しても、軽蔑の目を送っていました。津波や地震といった天災に襲われたとき、そこにいる人々よりもまず先にどこかの企業の株価について気を取られる。そうした悲惨な事故や天災を『ビジネスチャンス』だと考える様な人間に、人間を語る資格はあまりないと思っていました。

     

    しかし、株と真正面から向き合って学んでいくうちに、株で利益を上げられる人は、そう多いわけではなく、限られた才覚がある人だけだということを知りました。だとしたらこれは一つの才能であります。その才能は誰もが持っているものではありません。つまり、その人はその人の個性として株式投資が向いているのだから、株式投資をすればいいのです。それはその人にしかできない。そしてその投資で得た利益で莫大な資金を被災地の援助のために使う。それも立派な義援金となるのです。

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 知らなきゃ大損!株式投資の6つの基本知識と19の必勝テクニック!
  • 株とFXの共通点を分析し、勝てる投資をしよう
  • 低位の仕手系小型株を買う7つのメリットと負けない秘訣
  • 金融資産、エントリーのタイミング等、株式投資に役立つ知識総まとめ
  • デイトレードのメリットや注意点と3つの有効ツール
  • 信用取引のメリットとデメリットとは?+トレードできる2つの銘柄
  • 逆張り、リバウンド狙い、波乗り、利食い、含み損対策徹底検証!
  • 株式投資における4つの分散投資パターン
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    FX

    FX

    FXのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

  • クレジットカードのノウハウ
  • FXのノウハウ
  • 融資のノウハウ
  • 消費者金融のノウハウ
  • カードローンのノウハウ
  • キャッシングのノウハウ
  • 税金のノウハウ
  • 借金のノウハウ
  • 自己破産のノウハウ
  • カテゴリー

    ↑ PAGE TOP