株のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

株の株式投資

 

 

知らなきゃ大損!株式投資の6つの基本知識と19の必勝テクニック!

2009年に施工された『社債、株式等の振り替えに関する法律の一部を改正する法律』によって、株券は廃止され、株券自体が無効となった。代わりにすべてコンピュータで管理することが義務付けられた。

 

 

株とFXの共通点を分析し、勝てる投資をしよう

FXも株も、短期的に大きく売り上げようと思ったら、ボラティリティ(変動率)の大きな銘柄や通貨に投資することがポイント。FXであれば高金利通貨、株であれば東証2部株、といった具合である。

 

 

低位の仕手系小型株を買う7つのメリットと負けない秘訣

低位にある株、つまり低位株を買って利益を上げようと考えるのは、1)その株を発行する会社が不安定につき、ボラティリティが高いから、2)今後太陽線を付ける可能性があるから(王道の株のボラティリティは低い。つまり大陰線はないかもしれないが、大陽線もない)

 

 

金融資産、エントリーのタイミング等、株式投資に役立つ知識総まとめ

1)ファンダメンタルズ(マクロ経済)を分析し、今後の大きな方向性を掴む。2)企業業績など(ミクロ経済)を分析する。3)テクニカルチャートを用いて、タイミングを見計らう。

 

 

今更聞けない!株式投資の基本知識と仕組みやメリット

起業家が会社を興して事業を始めるとき、必要な資金を調達する手段として、発行する株に株主として出資することをいいます。出資して株主となった投資家は、会社が利益を上がて、資産が増えていけば、それにつれて株価が上昇し、出資したときよりも高くなって儲けが出ます。

 

 

デイトレードのメリットや注意点と3つの有効ツール

短期的に大きな儲けが期待できるデイトレード。しかし、世の中そう甘い話などありません。あったら皆がお金持ちになっているからです。デイトレードで勝ち続ける為には、入念な準備と慎重かつ冷静な判断力が必要とされます。

 

 

信用取引のメリットとデメリットとは?+トレードできる2つの銘柄

証拠金として、レバレッジを効かせることができる信用取引。何とも便利な話ですが、便利な話ほど裏があります。ギャンブルの世界で大元が常に大儲けするのと同じですね。世の中、システムを考えた人間が最も栄えるようになっています。

 

 

逆張り、リバウンド狙い、波乗り、利食い、含み損対策徹底検証!

相場というのは、買い手と売り手の攻め合いです。形成の有利なほうが、相手の陣地に攻めていくわけです。買いを仕掛けた場合、買い板が厚ければリスクが小さく、買い板が薄ければリスクが大きいんです。買い手がたくさんいる状態の、買い板が厚い状態は、薄い状態とくらべて、有利なのです。攻めと守りの勝負における、味方の数だと思えばわかりやすいかもしれません。

 

 

株式投資における4つの分散投資パターン

株式投資においては、分散投資をしてリスクヘッジをすることは必須条件です。では、分散投資というのは具体的にどのような種類のものがあるのでしょうか。

 

 

株式投資は情報戦略!株価は情報に影響されやすい!?

株投資は情報戦略と言われるように、情報は必要不可欠です。もしもあなたが株を購入した後でも、企業の情報は常にチェックしておく方が良いです。

 

 

株式投資新規の株発行は買いのチャンス!新たな上場企業や新株発行に注目!

毎日証券取引所で常に動いている株価ですが、この中には新株と言われる物が存在しています。株式投資初心者は名前は聞いたことは有るでしょうが、実際に株主になっている人は極少数なのではないでしょうか。

 

 

ベンチャーへの株式投資はチャンスの見極めが大切!

株投資をする場合、どの株を購入するのか、銘柄を選ぶ必要があります。この銘柄選びは非常に重要です。どれだけ上昇トレンドであっても業績が悪い企業の株価は下がりますし、また逆に下降トレンドであっても業績のいい企業の株価は上がるからです。

 

 

リスク回避の分散型投資とは?デメリットはチャンスが少ないこと?

分散型投資とは、言葉通り、投資先を分散する事でリスクを抑える投資方法です。例えば、金利は低いですが、銀行の定額預金にお金を預けると金利がつきます。

 

 

平均株価とは?株価が下落している時には投資は避けるべき?

2016年の2月に開始されたマイナス金利ですが、現時点の処置では、直接個人の定期預金の金利がマイナスになるわけではありません。しかし銀行はマイナス金利によって経営利益が減少してしまいます。

 

 

株の飛びつき買いをする素人は『魚』。それを釣るのは『人間』。

人は依存症になる。ギャンブルや酒や麻薬で依存症になる。それはどうしてだろうか。自分の脳内に、『ドーパミン』という快楽物質が放出されるからだ。

 

 

押し目を買って株を買うのが上昇相場では有効な買い方

株を買いたいときの人間心理は、いつだって同じことだ。『少しでも安く買い、少しでも高く売る』。それが出来れば、儲かるからだ。儲かる為に株をやっているのだ。

 

 

株式投資はいかに安全な位置で買うか。出来高の少ない日に株を買う

『出来高』とは、株式市場で売買が成立した株数のこと。この出来高が増え始めたら買い出勤する、というパターンの投資家が多い。いわゆる、『順張り投資法』だ。別にそれでもいい。だが、その手は多くの人も狙っている。

 

 

暴落時のパニック売りが出たらほぼ大底。強気で買いが有効

暴落だろうが何だろうが、経験すると、人は雰囲気をつかめてくる。『大体そういう風になる』という傾向や流れが見えてきて、読めてくるようになる。

 

 

安い時期に株を買う為にはそのときにお金を持っている必要がある

お金を持っているときにギャンブルをやると、その全てを突っ込んでしまうのが人間心理というものだ。なぜかというと、『負ける』からだ。つまり、別に最初の金額で勝てていたなら、残りの持ちを金突っ込むことはなく、全財産つぎ込むということにはならなかった。

 

 

底値を当てようと考えるのではない。買い単価を低くする投資をせよ

分散投資をすることは、まず当たり前の原則として頭に入っていなければならない。その中で、『いや、分散投資は愚かだ』とか、『大きな利益を得る為にはそれではだめだ』とか、自分なりに構築した知識と経験で勝負をかけるのならいいが、まずの絶対原則として、『分散投資』という概念とそのメリットを熟知していることが投資家としての絶対条件だと言っていいだろう。

 

 

出来高の少ない日に株を買う為に有効な手法とは

何事も努力の積み重ねだ。それさえできれば、大体のことは結果を出せるようになっている。もし結果が出ないのであれば、それはただ努力不足なだけだ。

 

 

出来高が最も増えたときは確実に売り抜けるタイミング

株価が上昇するときには、往々にしてあるパターンがある。例えば、株価の上昇と共に徐々に出来高も増えてきて、徐々に下値が切り上がって、そのうち上昇に加速度がついてきて、たいていは大噴火したのちに、株価は売り一色となってピークアウトする。

 

 

株を買う前に決める『自分なりの損切り基準』

株式投資の素人の典型的なパターンは、値上がりしている株をわずかの利益で売ってしまい、含み損になっている株を絶対に損切りしないこと。塩漬け株が増えてしまい、どんどん資金効率を悪くしてしまう。

 

 

株式投資で損切りを忘れて欲を張ると、せっかくの勝ちが水の泡になる

投資の大原則は、『損をしないこと』だ。つまり、『勝ち』なら『大きい勝ち』でも『小さい勝ち』でもどっちでもいい。そのどっちともが、『損をしていない』ということになるからだ。

 

 

投資で『勝てない』と言う人は、ただ負けている時に止めているだけ

実に9割以上の個人投資家が『投資で負けました』とか、『あまりいい思い出がない』と言っているデータがあった場合、どのように分析するだろうか。まず、普通に普通の人が行いそうな分析とは、そのデータを、事実を、短絡的に解釈し、鵜呑みにすることだ。

 

 

順張りではなく逆張りが出来なければ投資家とは言えない

多くの投資家が、『買い』のみでトレードするという事実がある。なぜなら、それが人間心理に従順だからだ。流れていく方向に、流される。皆がいる方向が、安全である。その様に考えるようになったのは、それなりに理由がある。

 

 

つなぎ売りで株価の値下がりを利益に変える方法

例えば、上昇トレンドにある銘柄がある。だが、ボリンジャーバンドの3σまで達しているローソク足があったとき、それはさすがに買われすぎだとわかる。そのとき、一時的な調整(押し目)を形成することは予測できる。

 

 

株式投資で必要なテクノファンダ分析と人間のバイアス(思い込み)

株式投資においては、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析など、あらゆる情報を有機的に融合させたテクノファンダ分析が大切になる。またそれだけではなく、人間にはバイアスがかかっているため、感情で動く生き物だから、行動経済学もマーケットに組み込まないと、マーケットの先行きを正確に読み解くことは出来ない。

 

 

『お買い得』や『限定』に支配されて株式投資をしてはならない

人は『お買い得』や『限定』に弱い。『今だけお買い得!』だとか、『本日限定!』というシールが貼られた商品がスーパーマーケットに並べられていれば、主婦はこぞってそれらの商品に群がり、お得な気分に浸ることに躍起になるだろう。

 

 

株式投資で勝つためには大底で買って天井で売る発想を止めよ

投資家の本音としてまず普遍的に共通しているのは、大底で買って、天井で売る、ということ。当然、それが一番利益が大きいからだ。株価の差益、キャピタルゲインが最も大きくなるのが、大底で買って、天井で売るということになるわけだ。

 

 

株で儲けるためにはアマチュア思考を止めろ

株式投資の素人が投資で儲ける為に、何の努力も必要ないだろうか。何の努力も下準備もせずに、いきなりぶっつけ本番で挑戦し、それで思い通りの結果が出るだろうか。

 

 

株式投資は射幸的なギャンブルではなく戦略的な投資である

アマチュア、素人の投資家から、プロの投資家に昇華する為には、いくつかの条件が必要になってくる。まず、ネットでも紙でもいいから、経済新聞を熟読すること、また、『会社四季報』や『日経会社情報』を熟読する習慣をつけることだ。

 

 

株式投資で儲ける為の情報は待っていれば得られると思うか

株式投資の素人が投資で儲ける為に、何の努力も必要ないだろうか。何の努力も下準備もせずに、いきなりぶっつけ本番で挑戦し、それで思い通りの結果が出るだろうか。

 

 

株価チャートを無視する投資は投資ではなくギャンブルだ

株式投資で重要なことは何だろうか。それは当然、利益を出すことだ。利益を出すためにお金を投資するのでなければ、それは投資ではなく、奉仕、あるいは廃棄ということになる。処分だ。不要なものを処分するためにお金をそこにばらまいた。そんなことをする人間は、100億人に1人いるかいないかだ。

 

 

株価の振幅が高値圏で起きると天井近辺。安値圏で起きると底値近辺

株式投資には、とあるテクニックがある。というか、テクニックがあるのは別に株式投資だけではない。例えば、卓球選手が猛烈なスピードでラリーをするとき、当然、そのレベルの選手なら随所に『テクニック』を挟み込み、相手の裏をかいて、ポイントを勝ち取るだろう。

 

 

経験も知識も不要!?季節株投資法の仕組みとは

株式投資をするからには、儲けたいと考えるのはごく自然の考えですが、株は簡単に勝てるものではありません。でも、もしも事前に儲けられる銘柄が事前にわかっていたなら、どうでしょうか。今回、これを基盤とした株式投資術がありますので、紹介をしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

お金に関するその他の情報

FX

FX

FXのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP