FXのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

勝率を高める波乗りトレードの特長と購入特典

 

目次

 

  • 株の投資手法である波乗り株トレードとは
  •  1-1:波乗り株トレードとは
  •  1-2:テクニカル分析の方が有利
  •  1-2:実践する際のコツ
  •  

  • 株の投資手法である波乗り株トレードの特長
  •  2-1:長期的なトレードに使用される
  •  2-2:忙しい方向け
  •  2-3:リスク
  •  

  • 株投資の波乗り株トレードを習得するための価格と特典
  •  3-1:習得すると
  •  3-2:習得するために
  •  3-3:習得するための価格
  •  

     

    株の投資手法である波乗り株トレードとは


    株で儲けを出すために、少しでも勝率の高い手法を試したいと考える事は当然の事です。投資手法にも色々と方法は存在しますが、今回、比較的容易に勝つことが出来る投資手法についての紹介をしたいと思います。それは波乗り株トレードと言われるものです。

     

     

    波乗り株トレードとは


    波乗り株トレードとは、水辺に波立つ波に例えて、株の変動により売買を行う投資手法です。別名、スイングトレードとも言います。波乗り株トレードは基本的には上昇チャートに乗ることが基本ですので、最初の波を見つける事が重要となります。そして波を見つける事が出来たら投資を行うのですが、投資方法として株価が下がれば株を購入し、逆に株価が上がれば売却するというように、相場の流れに乗ってトレードをします。

     

    つまり、株価の最高値を狙って売りを仕掛けたり、株価の最安値を狙って買いを仕掛けたりしますので、株価の天低を即座に判断する能力が必要となります。利益観点で言えば、この手法は売買しながら利益を上げていく特性上、投資期間は特には無いのですが、短期での取引よりも数日から数週間掛けてトレードをする方が利益が出る傾向にあります。

     

    またこの手法は、売買時の利益が少ない相場の場合に効果を発揮します。そういった意味でも、現在の相場は長期投資よりもこの手法を活用した方が、効果的に儲けられる銘柄が多い傾向にありますので、波乗り株トレードはおススメの方法と言えます。

     

     

    波乗り株トレードはテクニカル分析の方が有利


    波乗り株トレードはどちらかというと短期売買の投資スタイルですので、ファンダメンタル分析よりも、テクニカル分析を使用した方が勝ち易い傾向にあります。因みにファンダメンタル分析とは、過去と現在のデータに着目して業績予想を行います。具体的には選挙の結果や石油の価格等、世の中の有りとあらゆる事象に当て嵌めることが出来ます。そのため、どちらかと言うと、長期の株価分析に適している分析法です。

     

    対してテクニカル分析は、現在のチャートを分析していく手法です。例えば、チャートに書かれたローソク足を見て分析するチャートフォーメーション分析や罫線分析法などがあります。これらの手法は、短期と長期の両方に適した分析法となりますので、波乗り株トレードのように常に株価の推移で売買を行うのに適しています。またテクニカル分析は、分析する人によって、独自の解釈の仕方や今までの経験や知識からパターンを導き出すといった傾向があります。つまり人それぞれ、考えが異なっているため、正解と言える方式は存在しませんので、方式自体は千差万別なのです。

     

    そのためどの方式を選択するにしても良い面、悪い面がありますので、自分にあった方式を見つけるようにすると良いと思います。

     

     

    波乗り株トレードを実践する際のコツ


    波乗り株トレードを実践する際のコツを伝授いたします。先にも述べていますが、波乗り株トレードはチャートの波を見つけて乗る事が最も重要となります。ターゲットとなる銘柄は値動きが大きい物が良く、経済ニュースなどでも取り上げられうような誰もが良く聞くような人気の高い銘柄とした方が吉です。そして、短期で儲けようとは思わずに長いレンジで値動きを意識していくことが大事です。

     

    しかし長期的に見ていくと、その銘柄で事件が起こらないとも限りません。そのため、テレビや経済ニュースを絶えず見て、世の中の動きには常に目を光らせ監視して置くことは最低限したいところです。波乗り株トレードは比較的、簡単に実践が出来ると思いますので、是非、実践をして見て下さい。キーは如何に株価の波に乗ることが出来るかです。波にさえ乗る事が出来れば、間違えなく勝率の高い激アツな利益が得られ、勝ち組への階段を手に入れることが出来ることと思います。

     

     

    株の投資手法である波乗り株トレードの特長


    波乗り株トレードは専門的な知識が少なくても比較的、容易に出来るトレード手法です。そのため、株式投資初心者にはおススメの方法と言えます。今回、この波乗り株トレードを実践した際の特徴などを紹介していきます。

     

     

    波乗り株トレードは長期的なトレードに使用される


    波乗り株トレードの最大の特長として、初心者でも比較的容易に扱える点が大きいと言えます。その理由に、手法を挙げることが出来ます。

     

    波乗り株トレードは、株価の上下する波に合わせて売買を行う手法です。そのため、経験の浅い株投資初心者であっても株価の波を見つけることが出来れば、すぐに実践をすることができる事と思います。そしてこの波乗り株トレードは、売買を繰り返して利益を伸ばしていく特性があるため、株投資者の間では短期売買をするトレード方法として位置付けられています。しかし、この手法は現在、長期的な株トレードに使用される事が多いようです。この理由に現状の株価推移にあります。

     

    現在の株価はゆっくり上がってゆっくり下がるという特長があるため、絶えず株価に目を光らせていないといけないというものでもありません。株トレードと言えば、デイトレードのように日々、利益を求める方法が頭に連想されるとは思います。しかし、一時的に株価を参照し、上がっている時に売却、下がっているときに購入といったサイクルを繰り返し、利益を少しずつ上げていく方法も現実としてあるため、一概に短期ともいえない所があります。

     

    極端な話、株価の波は常に生き物のように動いているため、自分の購入した銘柄の波の上下により売買を行えれば、決済はいつでも良いのです。

     

     

    波乗り株トレードは忙しい方向け


    上記にも挙げたように、波乗り株トレードは決済が何時でも出来る特性があるため、日々忙しい、会社員や主婦などに向いている手法ではないかと思われます。このような方たちは日中は別の仕事をしている都合上、一日中、値動きを常に気にする事が出来ません。決済とする時間帯も、日々の生活の中の特定時間だけ行うのです。

     

    例えば、朝起きて一息つく朝8時頃や仕事から帰ってきてゆっくりトレードが出来る22時頃といった生活サイクルの中の限られた時間に株価状況を参照し、その時の状況に合わせてトレードをするといった具合です。但し、このような株投資家であっても、日々のニュースは欠かすことをしては行けませので、経済状況を常に意識して頂きたく思います。

     

     

    波乗り株トレードのリスク


    最後に波乗り株トレードは含み損を気にせずに少し長期で実施し勝つという手法であるが故にリスクが存在します。そのため、他のトレード手法と同じようなリスク管理をする必要があるという事は頭に入れて置く必要があります。

     

    そのリスクとはポジションについてです。ポジションの保有期間は数日以上である必要は全くありません。何かのトラブル発生や許容できない含み損に達した場合は、見切りを付けて直ぐにポジションをクローズするようにした方が良いです。これは他の投資と考え方は一緒で、保有期間が短ければ短いほど、リスクは少なくなるものです。ですので、無理に負け分を取り戻そうと余力限度いっぱいまでポジションを建てることは絶対に辞めるようにしましょう。これを行うと取り返しのつかない含み損を抱えるリスクとなります。

     

    波乗り株トレードは一般的には短期売買を目的とするとありますが、こうして考えてみると波乗り株トレードのイメージは長期的に利益を何度も積み重ねる、結構、ゆっくりとしたイメージがあります。その他の投資手法も一般的には○○手法と言われているかも知れませんが、実践してみると、色々な使い方が出来ることと思います。要は活用の仕方次第だということです。

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

     

     

    お金に関するその他の情報

    FX

    FX

    FXのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP